Courts fortify”made whole”doctrine

最近の2件において、ワシントン最高裁判所は「made whole」doctrineの保護を強化している。 この教義は、障害のない被保険者は、保険会社が独自の支払いを相殺または回復する前に、彼または彼女の全体の損失を回復しなければならないこ 40年以上前の採用以来、裁判所は、被保険者が「完全に補償された」かどうか、およびいつ回復の一部が保険会社に属するかどうかを議論してきました。 これらのケースは、被保険者のための堅牢な保護の傾向を続けています。

ダニエルズv.State Farm Mut. オート インズ Co.、1932d563,(2019),最高裁判所は、保険会社は、それがtortfeasorからの回復を保持することができる前に、障害のない被保険者の全体の控除を返金しなければならないと判 ダニエルズでは、被保険者は3台の自動車事故で負傷しました。 彼女は彼女のdeduc500控除を支払い、彼女の物的損害保険会社はcar500を超えた車の修理のために支払った。 ダニエルズの保険会社はその後、第二のドライバーの保険会社からの回復を求め、第二のドライバーが障害時に70パーセントであったことに同意した。 それは修理費用の70パーセントを支払った。 その回復から、Danielsの保険会社は彼女の控除の70%を支払った。

ダニエルズは、彼女の控除の残りの30%を求めて、集団訴訟を提起した。 彼女は、作られた全体の教義は、自分自身に任意の回復を割り当てる前に、彼女の控除の彼女の100パーセントを返済するために彼女の保険会社を必要と 裁判裁判所は、保険会社の解雇の動きを許可しました。 保険会社が直接その代位請求を追求するときに作られた全体の教義を開催した前のケースに頼ることは適用されません,控訴裁判所は断言しました.

最高裁判所は審査を受け入れ、逆転した。 これは、作られた全体の教義は、保険会社が支払った利益を回復しようとする任意のシナリオに適用されることを決定し、以前の判例法を却下しました。 また、彼女の控除のために被保険者を返済することが不適切に控除のないものとしてポリシーを書き換える引数を拒否しました。 修理損失には控除額が含まれており、被保険者は全体にする権利がありました。

v.Coon,447P.3d139(Wash. 2019年)、患者はまれな真菌感染症に罹患し、最終的にはその広がりを防ぐために部分的な四肢切断につながる。 彼の健康保険会社は彼の医療費を支払った。 患者は、それが真菌に彼を露出したと主張し、病院に対して過失主張をしました。 病院は、患者がおそらく彼の仕事の過程で暴露されたと反論した。 彼のオプションを計量し、患者は、その責任範囲の限界未満のために病院に定住しました。 健康保険会社は、その代位請求を放棄することを拒否し、それが支払った利益を回復しようとする苦情を提出しました。 裁判裁判所は、保険会社のための要約判決を入力しました。 控訴裁判所は逆転し、事実問題が要約判決を排除し、患者が完全に彼の損失を補償されていたかどうかの決定のために差し戻した。

最高裁判所は審査を受け入れ、確認した。 これは、保険会社が利用可能なポリシーの制限未満のために疑惑のtortfeasorと和解していたので、患者がすでに全体になっていたという推定が生じたという裁判裁判所の推論を拒否しました。 代わりに、裁判所は、当事者が責任制限未満のために解決することを選択したとき、それは完全な補償の”いくつかの証拠”であることを指摘しました。 ここでは、患者は彼が完全に補償されていないことを示すのに十分な証拠を作り出し、要約判断は不適切であった。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。