多発性硬化症患者における糖尿病の有病率

糖尿病の有病率は、多発性硬化症(MS)患者では不明である。 本研究の目的は、MS患者における両方のタイプの糖尿病の有病率を推定することであった。 私たちはMSセンターからデータベースを見直しました。 合計1,206人の患者が6年間(1991年-1997年)の期間でMSのセンターで診断され、治療された。 これらの患者のうち、92は糖尿病を有すると診断された。 健康記録は、性別、人種、糖尿病のタイプ(1型対2型)、MSおよび糖尿病の発症年齢、および糖尿病の家族歴の存在(第一度の親戚の間)についてレビューされた。

糖尿病の有病率はMS患者で7.7%であり、11人の患者(0.92%)が1型糖尿病であり、これは一般集団と有意差はなく(P=0.15)、6.75%(95%CI6.74–6.76)が2型糖尿病であり、当時の一般集団よりも高かった(P=0.0054)。

糖尿病患者の男女比は1.79であった。 2型糖尿病患者のうち、35%がMSの診断前に糖尿病を発症したが、MSの診断後に糖尿病を発症した人のうち、41.5%が最初の5年間に診断された。 糖尿病を発症する前のMSの平均期間は9.9±9.03(平均±SD)年であった。 私たちは、38%の第一度の親戚の間で糖尿病の正の家族歴を指摘しました2型糖尿病とms.2型糖尿病の年齢分布は、人生の5番目と6番目の数十年でピーク 1型糖尿病では、MS発症前にすべての患者が糖尿病を患っていたが、MSと診断される前の平均期間は16.8±11.6年であり、1型糖尿病およびMS患者の36%において糖尿病の家族歴が陽性であった。

1型糖尿病とMSとの関連は、二つの自己免疫疾患の偶然の発生を表すだけである可能性がある。 しかし、両方とも疫学的および免疫学的特徴を共有し、ウイルス誘発メカニズムによってプライミングされる可能性があります(1)。 また、世界的な南北の有病率勾配があり、北米とヨーロッパの北部地域でより一般的です。

2型糖尿病の有病率は、おそらく神経脱メチル化による筋肉疾患またはACTHおよびグルココルチコイドを治療として使用したため、MS患者で高かった。 いくつかの研究者は、脂肪、カルシウム、およびビタミンD代謝の異常など、両方の疾患を結びつけるいくつかの代謝障害を発見した。 また、グルコースレベルの変化に起因するミエリンの破壊の証拠があります(2)。 この観察が糖尿病とMSとの関連性に影響を与えるかどうかは単なる投機的なものであり、関係のさらなる証拠を確認する必要があります。

脚注

  • 糖尿病ケア

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。