ウクライナの会計ソフト会社がサイバー攻撃の責任を取ることを拒否

父と娘のデュオが所有するウクライナに拠点を置く会社である知性サービスは、メディアやマイクロソフトのブログに掲載されているすべてのレポー M.E.doc マルウェアの拡散機として会計ソフトウェアプログラム。

しかし、ウクライナ当局者やマイクロソフト、Cisco Talos、Symantecなどのセキュリティ企業は、ウクライナとヨーロッパで活動している多くの企業のネットワークの 専門家は、NotPetya ransomwareまたはGoldenEye ransomwareと呼ばれるウイルスは、主にによって発行された更新を介して広がったと考えていますM.E.doc すべてのソフトウェアユーザーに。

Olesya LinnikとソフトウェアM.E.を開発した彼女の父Sergei。ドクと知性サービスと呼ばれる会社を所有しているすべてのこれらのレポートを反論します。 彼らは、彼らが彼らのソフトウェアロードされたサーバーを100回チェックし、証明された証拠を見つM.E.Doc 有罪として。 Intellect ServiceのマネージングパートナーであるOlesyaは、会計ソフトウェアユーザーに送信された更新パッケージが、ランサムウェアを含むあらゆる種類のマルウェアから自由であったことを100%確信しています。

M.E.Doc ソフトウェアは、ウクライナとその周辺で動作する80%以上の企業で使用されています。 ソフトウェアは、その400,000クライアントが財務文書に彼らの内部部門と対話することができ、また、ウクライナ州税務サービス部門と彼らの税金を提出

キエフの工業団地にあるオフィスから話して、知性サービスのゼネラルディレクター、セルゲイは欲求不満で彼の声を上げた。 彼は、彼の20歳のビジネスは、マイクロソフトによって報告されたようにマルウェアを広めることはありませんし、どのように彼自身が彼自身のビ

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。